緒方

京都府The Tabelog Award 2022 Gold 受賞店食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店

「緒方」は、京都の中心地・四条烏丸から程近い場所にありながら、落ち着いた雰囲気を醸す新釜座町の路地にございます。「素材が持つ自然な五味を見極め、その特徴を核にする」を信条とし、素材のよさを最大限に引き出し、野趣に富み、独創性豊かな料理をご提供することを心がけております。このたびは、ご自宅で「緒方」のエッセンスを味わうことのできる「おせんべい」をご用意させていただきました。ぜひ、おすすめの飲み物と合わせてお愉しみください。ミシュランガイド京都・大阪 二つ星獲得 (2010年より11年連続)。The Tabelog Award Gold受賞(2017,2018,2019,2020)。

丹波の松茸、間人の蟹、そして京野菜―至高の食材を"匠の技"で仕上げる、四季を映した饗宴。
四条通から一歩足を踏み入れた「膏薬辻子(こうやくのずし)」と呼ばれる小路にそっと灯りを燈す、カウンター8席と個室で構成された一軒の日本料理店。元呉服屋という歴史ある佇まいを舞台に腕を振るうのは、名門『和久傳』で総料理長を務めた店主・緒方俊郎氏。丹波の松茸、間人のカニ、京野菜をはじめとした選りすぐりの素材を大胆かつ繊細に落とし込んだ珠玉のひと皿から、移り変わる京の四季が感じられる。
シェフ
緒方俊郎氏(オガタトシロウ)―四季の移ろいを愛する表現者
京都を代表する老舗旅館『柊家』を経て、『室町和久傳』、そして『京都和久傳』で料理長を13年間務め上げた緒方俊郎氏。2008年、室町通に近い膏薬辻子(こうやくのずし)に自身の店を構えた。歴史を感じる佇まいを舞台に氏が紡ぐのは、大胆かつ繊細な料理の数々。日本料理のスタンダードを日々更新し続けている、ミシュラン二つ星獲得(2010年より11年連続)の名店。