佐伯屋

佐伯屋は山陰の港町「浜田」で半世紀以上に渡り質の高い干物を作り続けてきた老舗高級干物店です。
現在は沖合底びき網漁業を営む網元「浜田あけぼの水産」とグループ会社になったことで、自社漁船「あけぼの丸」が山陰沖で漁獲したA級の新鮮な魚を優先的に仕入れることが可能です。佐伯屋では、熟練干物職人である「浜の匠」がA級品を入念に目利きし、さらに厳選した魚のみを仕入れます。
佐伯屋では、この極上の魚を伝統の製法で鮮度と旨味を維持しながら1尾ずつ⼿作業で加⼯します。もちろん、保存料・化学添加物は一切使わず、使用するのは厳選された天日塩のみ。「浜の匠」が魚の大きさ、脂ののり具合、その日の気温を考慮して、長年の経験から塩味と冷風乾燥時間を調整することで、魚の旨味を最大限に引き立てます。出来上がった干物は「ONE FROZEN」(1回凍結)として、旨味がギュッと詰まった出来立ての味を、そのまま皆さまのもとへお届けいたします。
こだわり抜いた伝統製法により大量生産はできませんが、老舗による高品質の干物を、ぜひお試しください。